Japanese

YO DX HF コンテスト 2016 ルール

 

YO以外局向け

                                                                         Translated and adapted by Kazunori Watanabe, JK3GAD/M0CFW 

I.                   主催

                                     ルーマニア アマチュア無線連合 (FRR).

 

 

II.                目的

世界中のアマチュア局ができる限り多くのルーマニア局および異なるDXCCカントリーの局との交信を行う.

                                     楽しいひとときを過ごし、無線通信のスキルアップをはかり公平な競技を楽しむことが第一の目的である.

 

 

III.             日時

8月最終週末:

                                     土曜日 12:00:00 UTC 日曜日 11:59:59 UTC (24 時間)

                      2016: 8 27, 12:00:00 8 28, 11:59:59 UTC

 

 

IV.             バンド、モード

WARCバンドを除く80m - 10m, CW/SSB. 

同一局とはSSB/CWでそれぞれ一回ずつQSOできるが, IARUバンドプランに沿ったバンドセクションで交信すること.

 

 

V.                部門

                        A. SO-AB-CW-LP

                        B. SO-AB-CW-HP

                        C. SO-AB-SSB-LP

                        D. SO-AB-SSB-HP

                        E. SO-AB-Mixed-LP

                        F. SO-AB-Mixed-HP

                        G. SO-SB-Mixed (3,5; 7; 14; 21; 28 MHz, 出力パワーの区分無し)

                        H. MOST-AB-Mixed

                        I.  YN (若者または初心者) オペレーターは16歳以下または最初の免許を受けてから3年以内でこれらを証明する文書のコピーが必要.

                         LP 出力100 W 以下 / HP 出力100 W .

 

 

VI.             コンテストナンバー

                                     ルーマニア以外の局は RS(T) + 001形式.

                                     ルーマニア局は RS(T) + 地域略号または 首都ブカレストの局はBU.

                       ルーマニアの地域略号は以下の通り:

                     YO2: AR, CS, HD, TM

                     YO3: BU, IF

                     YO4: CT, BR, GL, TL, VN

                     YO5: AB, BH, BN, CJ, SM, SJ, MM

                     YO6: BV, CV, HR, MS, SB

                     YO7: AG, DJ, GJ, MH, OT, VL

                     YO8: BC, BT, IS, NT, SV, VS

                     YO9: BZ, CL, DB, GR, IL, PH, TR

                     * ルーマニア局が送ってくるナンバーは注意して聞き取って欲しい. コールサインのエリアナンバーが必ずしも地域を示さないため.

                                     ルーマニアのアマチュア無線の規則によると、ルーマニア局は免許を得た地域外から運用する場合でも/P/移動地のコールエリアといった符号をつけることなく運用できる.

 

 

VII.          QSO 得点

 

      ルーマニア以外の局:

      ルーマニア局との交信 8

                                        異大陸局との交信 4

      同一大陸局との交信 2

                                         同一DXCCカントリー局との交信 1

 

*重複交信にはペナルティを課されないしログに残しておくこと. また重複交信に印を付ける必要はない.

 

 

VIII.       マルチプライヤー

 

ルーマニア以外の局: DXCC カントリー + ルーマニアの地域 (モードに関係なく一バンドで一回のみカウント).

                                     ルーマニア (YO) DXCCマルチにカウントしない.

 

 

IX.             最終得点

 

 全バンドのQSO得点の和 X 全バンドのマルチプライヤーの和.

 

 

X.                一般ルール

 

a) すべての送信機、受信機は半径500m以内に位置していること.

                                     すべてのアンテナはケーブルによって物理的に送信機に接続されていること.

b) シングルオペレータ部門参加者はバンド、モードを変えることに制限はない. いかなる場合も一波のみの送信が許される.

c)  マルチオペレーターシングルトランスミッター(MOST)参加局には10分ルールが適用される. いかなる10分間も同一バンドで一波のみの送信が許される (ラン局). 例外: 新規マルチプライヤーと交信する場合にのみ、ラン局と違うバンドで追加で一波のみの送信(マルチ局) が許される. ラン局、マルチ局には別々に10分ルールが適用される. 10分間は該当バンドでの最初の交信からカウントする. ログには各QSOがどちらの送信機での交信であるかを明記しなければならない. マルチ局はCQを送信したり、QSOをアレンジしたりする行為はできない.

d) すべての参加部門でDXクラスターの使用が可能 (パケットクラスター, ウェブクラスター等).

e) 失格となる禁止行為:

- セルフスポッティング (自身のコールサインをクラスターにアップロードすること)

- 偽スポッティング (偽のコールサインを使ってクラスターにアップロードすること)

- 他人に頼んで自身のコールサインをクラスターにアップロードしてもらうこと (電話、ファックス、インターネット、電子メールなどを介して.)

- 無線局設置場所外に設置されたリモート受信機の使用.

f) すべての参加部門で、一般に公開されているスキマーやリバースビーコンネットワーク(RBN)の使用が許される. ローカルスキマーの使用は、関連する設備が自局内(半径500m以内)に設置されている場合にのみ許される.

g) リモート運用はすべての送信機、受信機、アンテナが同一場所に設置されている場合にのみ許される. リモート運用局は無線局免許、オペレーターの免許、および参加部門のルールに従うこと.

h) コンテスト終了後にデータベースや録音を使ってログのコールサインを修正したりQSOを確認することは禁止.

 

 

XI.             ログ提出基準

 

カブリロ形式でログを提出のこと (チェックログを含む).

その他の注意事項:

        時刻はUTCで記載のこと (ログチェックにおいて該当交信が相手局のログに記載された時刻と+/-5 分以内でないと得点にならない)

        双方のコールサインおよびコンテストナンバーが正確に記載されていること

        ログファイルのファイル名には参加局のコールサインを使うこと. ファイル名は .cbr または .log を拡張子として使用のこと

        ログのヘッダー部分には参加部門、氏名、住所、クラブ名、その他の情報が記載されていること(例えば16歳以下の場合の年齢, XYL/YLなど). とくにシングルバンド参加者でログに他のバンドの交信が含まれている場合は参加部門の表記が正しいことを確認すること.

        紙ログも受け付ける. 紙ログはコンテストコミッティメンバーまたはボランティアがカブリロログを作成する. 紙ログ提出者は、カブリロログ作成時のデータ入力エラーがあった場合の責任を追及することはできない.

        得点計算はログチェックソフトウェアが行うので記載する必要はない.

        重複交信に印を付ける必要はないし、ログに残しておくこと.

        ログの締め切りはコンテスト終了後 30 日以内.

        ログの提出先: yodx-contest@hamradio.ro

        郵送の場合の住所: FRR, PO Box 22-50, RO-014780 Bucharest 22, Romania

        電子メールで提出の場合は題名に使用コールサインを明記のこと. ログ提出者はログの受領から72時間以内に確認の電子メールを受け取る.

 

 

XII.          トロフィー、賞状

 

各部門の1-3位に賞状が贈られる.

各部門の優勝者に楯が贈られる.

        各カントリー毎のランキングが発表される. 該当カントリーの参加者数に応じて以下の賞状が贈られる:

             1-9 : 1位のみ

             10-19 : 2位まで

             20-29 : 3位まで.

        各大陸の部門毎のトップ10リストが公開される. 各大陸の優勝者には楯と賞状が贈られる.

        16歳以下およびYL/XYLオペレーターの最高得点者に楯が贈られる (提出ログに必要な情報が記載されている場合に限る).

すべてのログ提出者はPDF形式の参加証、最終結果、およびYO DXコンテストに関するニュースを電子メールで受け取る.

 

 

XIII.       宣誓

 

YODX HF コンテストにログを提出することにより、参加者は以下の事項に同意することになります:

a) コンテストルールを読み、理解し、それに従うこと;

b) 運用地のアマチュア無線に関わるすべての法律、規制にしたがって運用したこと;

c) ログが一般に公開されることがある;

d) YO DX HF コンテストコミッティの行動および判定が公式であり最終である.

 

 

YODX HF コンテスト 2016 に関する問い合わせは下記へ、

Mr. Adrian Sinitaru YO3APJ  コンテストマネージャー

電子メールアドレス: yo3apj@yahoo.com